準備~カウントダウン

昨日は人形制作が大詰め
馬のかざりをつけたり、色落ちの補修をしたり
目を光らせるLEDの配線をしたり
色々な付属作業がつづきます

祭りが近づくにつれ、神社に白帆が立ち
提灯が飾られ、徐々にその雰囲気が町にやってきます

それを感じてか…
青年会のメンバーは自分のみだしなみの”わや”さに気づきはじめます

特に…髪の毛…

多分、今日くらいから散髪ラッシュです

30過ぎたオッサンのくせして
祭りの日だけは…

友人の結婚式のごとく
合コンのごとく
七五三のごとく
合コンのごとく
成人式のごとく
合コンのごとく
入学式のごとく
合コンのごとく
ワールドカップのごとく
合コンのごとく

気合が入るみたいです

祭りシーズンは我が町内の経済効果は2倍以上…かも…


祭りまで、残り3日…
人形バッチリ作り上げて
そんでもって髪を切りにいこう!


しかし、オレ様は2週間前に切ったばっかりなので
どうしようかと悩んでいる…

美容院に行くべきか…行かざるべきか…

まあ、
どっちでもええわ…
[PR]

  # by matsuricraze | 2006-10-11 08:53 | 激愛松永(祭+祭人)

記者会見で…

ビビっときました…

   うそをこけ!
[PR]

  # by matsuricraze | 2006-10-10 17:25 | 戯言帳(アフォ人間)

準備~休憩→ギリギリ選手権

祭りの準備を朝からしていると
昼飯をみんなで食べにいくことがあります

日曜日はみんなでラーメンを食べにいきました

車2台

”マサヒロ”と”たもちゃん”の車

オレ様はマサヒロの車に乗って後からラーメン屋についたのだが…
そこに止めてあるたもちゃんの新車が↓

f0085979_13355243.jpg


壁にギリギリ選手権!
どんだけ他人思いな止め方なんよ!

案の定↓

f0085979_13372799.jpg


小傷1発…


たもちゃんに知らせたところ
微妙な悲しい顔…



たもっちゃん
経費でタッチペン買ってもええよ



祭りまで残り4日…
みんな気をつけていこう(汗
[PR]

  # by matsuricraze | 2006-10-10 13:39 | 激愛松永(祭+祭人)

準備~馬完成→馬初乗せ

土曜、日曜と朝から晩まで祭りの準備に明け暮れておりました

おかげさまで、肩こりエクスタシー…

もう少しで祭りなのでがんばらねば…


さて、
かねてより製作していた騎馬が完成しました

大将の発案で馬鹿でかくなる…というのが前回までの説明でした

馬の顔を鉄パイプで溶接固定し、幅10mmくらいの鉄板で形を整え
さらに補強のために50mmのL字の金物を溶接固定
人形の軸と一体化させることで、より安定します

鉄の塊の馬の完成の次は表面の作業です

まず製品を梱包するビニールのシート(裏面に多少の粘着性アリ)で
グルグルと巻いて巻いて…テーマキズ…やめとこ

で、巻きつけが出来たのがこちら↓
f0085979_1049594.jpg


シートが青色なのでこの上から茶色のスプレーで色づけ
速乾性なので30分くらいで乾きます

最後は馬の毛の作業
毛は”シュロウ”の木の皮を使います
この木の皮は繊維質で出来ていて、ちょうど馬の毛にはもってこいです

ペタペタ張り合わせそしてあらかた出来たのがこちら↓
f0085979_10543156.jpg


どや!でかいやろ!
と、阪神ファンもおったまげの大きさ
となりにいる”こうちさん”が小さく見える
ちなみにこうちさんは痩せてません…

この後大将がこだわりのタテ髪をつけ馬は小さな補修くらいが残りました

あ、ついでに人形も前の方法に少しの軽量化を加えて完成です
あとは頭がついて甲冑を着せるだけ

ここである不安が…
「これって、山車に乗せれるん?」
地域の人がボソ…

確かに…

でも作ったからには
乗せなければ青年会の名がスタリマス!!!

気合いれて
オッサン6人
ギャラリー少々

「せーの!」

「おりゃ!とりゃ!うぬぅ~!もうちょい!よっしゃ!」

死ぬ思い、まあ神輿に比べれば軽いかな…アハハアh


苦労の末の結果
山車に乗せることが出来ました↓

f0085979_1132281.jpg


下にいるのは昨年の会長こと”マサヒロ”
今年25歳か?
小学生に見えます…ボウズと黄色いTシャツのせいかも…

そして地域で1番大きく、重い山車は…
小さく見えます…

上から覆い被さってくる馬の大きさに
ただただ唖然…

その夜…
大将が山車に乗った騎馬をみたとき…
「おい!すげーのぅ!」を連発…しかも笑いながら連発…
その迫力に満足したみたいです


その後こまめな調整をする
下之町青年会1の男前”ヒデ”と”こうちさん”の会話
山車の手木(舵棒)に両足をかけスイスイ作業をするヒデに対し
こうちさん「おい!ヒデすげーのぅ!そこ跨げるんか!」
ヒデ「うん、まあ普通に…」
こうちさん「ワイはそりゃーたわんで…」
ヒデ「あー、…」

そのときの様子にオレ様は腹筋と顔の筋肉が瞬殺!

オレ様「そりゃ、足の長さが倍くらいちがうで!」

証拠物件がこちら
f0085979_1114978.jpg


こうちさん…そりゃぁたわんよ…
それがたったらビッグバンが起きるよ…


山車に乗った騎馬に驚いたこの日…
人間の個人差にも驚いた…orz

祭りまで、残り5日
いよいよスパートだな…

        
           ~つづく~

           
[PR]

  # by matsuricraze | 2006-10-09 11:25 | 激愛松永(祭+祭人)

準備~ぼんでん

昨日の中途半端な雨は
オレ様の溶接作業を邪魔しまんごうろう

ということで人形制作は中止して
「ぼんでん」つくりに取り掛かりました

「ぼんでん」とは…
山車運行時に道路を通るわけですが
祭り期間とはいえ
一般道には車がワンサカいるわけです…

山車運行のため警察に「道路使用許可」を申請し
そのなかに交通誘導員を配置することをうたっているわけです

そのまえに
祭りに参加している氏子(これオレ様たちのこと)の
安全を守るために
交通整理をしながら山車をすすめるわけ

そのときに活躍するのが「ぼんでん」です

いわゆる車を誘導するための差棒というか旗というか…
警備のオッサンがふっているピカピカの棒のかわりみたいなもんです

山で切ってきた(許可済み)竹を
約70センチに切り落とします
これは侍の短刀の長さだそうです

切った竹の片方に切れ込みを入れた後
たけの”バリ”と”汚れ”をサンドペーパーで落とします↓

f0085979_9455183.jpg


結構細かい作業なのね(汗


次に5色の折り紙を三角に二つに折り
切れ込みにはめて先端部をテープで止めて完成です↓

f0085979_9453128.jpg



5色の折り紙には順番があり
青・赤・黄・白・黒の順番です

ただし黒色はあまり目立たないので
我が下之町のぼんでんに関しては
青・赤・黄・白・紫にしています

紫は神秘的で
さらに
我が下之町の”ハチマキ”の色なので…ということらしいです



さて、ぼんでんについて調べたところ…
まず”ぼんん”というのは”なまり”で
”ぼんん”というのが世間一般的な言い方みたいです

ぼんてんを漢字変換すると…

”梵天”となります

これをグーグルで検索した結果…

f0085979_9532633.jpg

梵名をマハーブラフマンといい世主天、大梵天
娑婆世界主ともいう。
古代インド神話では宇宙を創る原理を梵といい、これを神格化したのが梵天。
バラモン教の宇宙の創造神でヴィシュヌ(維持神)、シバ(破壊神)とともに最高神。

というのが最初に出てきます。

次に神さまの存在があるであろう…
f0085979_9551284.jpg

旭岡山梵天祭り

秋田県の秋祭りで大きさは違えど
我が潮崎神社例大祭のぼんでんに一番ちかいかな?


そして一番関係ないのがこれ
f0085979_9575930.jpg

麺屋 梵天
2005/7/8OPEN
住所:渋谷区渋谷1-13-7
最寄り駅:渋谷
営業時間:11:00-0:00(日は22:00まで)
メニュー:らーめん650 ワンタンらーめん800 肉らーめん850 特盛らーめん1050 黒梵天750 赤梵天850
つけめん700 黒梵天つけめん800 赤梵天つけめん900 (大盛りも同料金) 
半熟味付玉子100 わんたん150 肉200 生ビール500 瓶ビール(中瓶)500

和歌山ラーメンの火付け役だそうです…

腹減ってきた…どうでもいいか…



オレ様はあまり祭りのことに関してくわしくないけど
一つのことを調べてみると
いろんなことが出て来てけっこう楽しいな…


竹が乾いたら”ぼんでん”を完成させますか…ねえマサヒロ…

祭りまで、準備期間残り8日…
いよいよケツに火がついてきたような…
そうでもないような…

そろそろ、眉毛整えにいきます…


             ~つづく~
[PR]

  # by matsuricraze | 2006-10-06 10:08 | 激愛松永(祭+祭人)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE